フレスコ・カンパニー

長野市・千曲市・上田市の給食受託業務サービス

お電話でのお問い合わせ

026-247-8770

食の安心・安全

safe and secure

食の安心・安全への取り組み

フレスコ・カンパニーではご利用者様に安心・安全で美味しい食事を提供していくために、厚生労働省が作成した大量調理施設衛生管理マニュアルに基づいて作成した3つの事柄に対して厳密に管理をしています。

1

食材の管理

年間を通して新鮮で安定した食材料の確保に努めます。
納入する食材の選定は、食材納入時に適切な温度管理ができ、かつ製造メーカーの食材の取り扱いが衛生的で、産地や残留農薬などのデータを常に把握している業者から食材を納入するようにしております。

また、地産地消の考えのもと、お米をはじめ、長野県らしい食材や献立を取り入れるようにしています。

食材の管理
食材の管理

2

衛生管理

厚生労働省通達の『大量調理施設衛生マニュアル』を基に、弊社で作成したオリジナルの給食業務衛生管理マニュアルによる衛生管理を行っております。調理場だけでなく、調理員一人ひとりの衛生チェックと健康チェックを毎日行っております。

下痢や嘔吐はないか。切創は無いか。感染症の疑いはないか、などの確認を調理場に入る前にチェックし、調理場での作業中も手洗いの徹底、消毒、調理器具や食器の高温殺菌、温度管理、水質調査、細菌検査など、あらゆる点において徹底した衛生管理に努めております。また、年に1度新入社員の研修と、講習未経験の従業員の指導も兼ねて衛生講習を行っており、従業員全員に指導が行き渡るよう徹底しております。

衛生管理
衛生管理

3

危機管理

老健施設で最も危険性が高いのはノロウイルスや細菌などによる感染症です。
感染経路は様々であり、完全予防するのは困難です。ですので、感染が拡大することが無いよう、体調の優れない従業員は帰宅させ、検査を受けてもらうなど、蔓延を未然に防ぐ処置を行っております。

また、近年発生している震災などによる要因で食材の調達が困難になる可能性も考慮し、備畜水・アルファ化米などの食糧を数日分備蓄しております。火を使わずに提供する事が出来るレトルト食材や、缶詰なども備蓄しており、緊急時の連絡先や対応なども従業員に指導を行っており、有事の際にご利用者様のライフラインが絶たれることがないよう、万全の対策をしております。

危機管理
危機管理

ご利用者様の状態に合わせた様々な食事形態

常食・1口・キザミ・ミキサー食等、ご利用者様の状態に合わせた食事形態をご用意しております。
トロミ剤の微調整はご利用者様の状態に合わせて、施設職員様で調整をしており、下記以外にも極キザミややわらか食なども御座います。

◆献立例 てんぷら◆

常食

キザミ食

ソフト食

ミキサー食